読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014.12.29~31 四国・石鎚山

四国・石鎚山へ行ってきました。
今回のお供は「momiちゃん」です。
大枚はたいて揃えた冬山装備・・・本格的に使うのは今回が初めて。
(いい道具持ってますぜ~~)

*動画を作りました

12/29朝10:00に長崎の我が家を出発。

今回は平日のため高速割引はない。
深夜割引時間帯にかかるように考えたつもりだったが、思い違いで帰路のみが割引となった。
高速道路は帰省の車で混雑しているかと思ったが、行きも帰りもそれほどの混雑はなかった。

石鎚山SAに車を止めて、車中でミニ忘年会を開催し、そのまま車中泊した。
(登山口へ最短で行くには、このSAに泊まるのはミステークでした)

翌朝、登山口の成就社ロープウェイ駅へ移動。
始発の8:20に間に合いました。
駐車場はロープウェイ駅の手前にもあるが、奥の京屋旅館の駐車場が安いですよ。1日500円也。

f:id:jimny1210:20150101091246j:plain

ロープウェイで800mの高度を一気に稼ぎます。
スキー(スノボ)客は多いが登山者は少ない。

成就社駅で準備をして凍りついた車道を歩きます。
「神力無限」と書かれた成就社に登山の無事を願いました。

f:id:jimny1210:20150101091224j:plain

最初は下りから始まります。
登り返しにかかり、傾斜が急になってきたところでアイゼンを履いた。

f:id:jimny1210:20150101091408j:plain

試しの鎖は左手の巻き道をとり、小屋で一休み。

f:id:jimny1210:20150101091437j:plain

夜明峠に到着

f:id:jimny1210:20150101091443j:plain

土小屋コースと合流し、夏は巻き道となる階段のコースへ。
雪に埋もれて階段はところどころ顔を出すだけ。

f:id:jimny1210:20150101091422j:plain

f:id:jimny1210:20150101091520j:plain

急な登りの上、パウダー状態の雪は足が決まらず、なかなか高度が稼げない。
この日、一番きつかったところだ。

f:id:jimny1210:20150101091430j:plain

神社のある弥山の一角に出ると、強風が吹き荒れていた。
建物には雪が張り付いていた。

f:id:jimny1210:20150101091534j:plain

f:id:jimny1210:20150101091551j:plain

f:id:jimny1210:20150101091555j:plain

天狗様は時々姿を見せてくれた。

f:id:jimny1210:20150101091602j:plain

避難小屋

f:id:jimny1210:20150101091611j:plain

f:id:jimny1210:20150101091617j:plain

下山風景

f:id:jimny1210:20150101091630j:plain

f:id:jimny1210:20150101091638j:plain

f:id:jimny1210:20150101091645j:plain

夜明峠

f:id:jimny1210:20150101091650j:plain

f:id:jimny1210:20150101095147j:plain

成就社へ戻ってきました

f:id:jimny1210:20150101091658j:plain

 この日は前回よりコンデションは厳しかったように感じました。
前回は雪に少し湿気があったので歩きやすかったが、今回はサラサラの雪で傾斜のきついところでは登りに苦労しました。この日の石鎚山には12本爪のアイゼンとピッケルを装備した登山者以外を見ることはありませんでした。訓練でしか使ったことがなかったピッケルを、前進のためや安全を確保するために使ったmomi様は、「ピッケルがないと登れない事を実感できました」と感想を言っていました。

美しい雪景色と厳しい冬の山の表情の両面を見る(体感する)ことができ、とても有意義な山行になりました。