九重へ・猟師山、合頭山、一目山、湧蓋山

九重へ行きました。

山人の健脚組は九重の山々を歩きつくすとのことなので、
付いて行けない我々はノンビリ登山を組みました。

山の歩き方もいろいろあります。
今回はそんなことを改めて感じるような出会いがありました。

・・・・・・・・・・

6/14(土)朝、女の子(?)3人と私の4人で長崎を出発。
九重スキー場から猟師山のオオヤマレンゲを目指します。

f:id:jimny1210:20140617084324j:plain

オオヤマレンゲはきれいに咲いていました。
カメラマンが大勢カメラを構えていました。

f:id:jimny1210:20140617084228j:plain

猟師山まで登り合頭山を目指します。
稜線で福岡の女性と一緒になり、少し話をしながら歩きました。
なんでも、今朝 岳の湯から湧蓋山に登り、一目山~猟師山と歩き、
今日は坊がつるまで足を伸ばしてキャンプなんだと・・・・!

涼しい顔をしてそんなことをサラッと言う彼女に私は惚れてしまいました・・・
(この話は続きがあります)

f:id:jimny1210:20140617084223j:plain

合頭山でお昼を食べて、スキー場へと下山しました。
本日は泉水キャンプ場でキャンプです。

時間が早いのでビールが足りない気がしてわざわざ買い足しに行きました。
これで心配事は何もありません。

キャンプ場内の露天風呂に浸かって、私にとっては贅沢なスーパードライを2本ほど飲み干す頃には、renkoシェフによる明太子パスタの出来上がり! パチパチパチ!

f:id:jimny1210:20140617084409j:plain

美味しい料理をいただきながら話をしていると、楽しい時間はアッと言う間に過ぎて行きます。

明日は、ノンビリ組にとっては真剣勝負の山登りです。
さあ、寝よ寝よ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝ですよ~~

ガイドブックによると、一目山までの登りは15分程度だとか。
う~~ん? そんなもんで登れるかな~?
ちょっと心配。。。

f:id:jimny1210:20140617084414j:plain

でも何とか登れました。17分23秒08位で・・・

昔カミさんと登ったときの事が思い起こされます。
バックにはこれから向う湧蓋山が見えます。

f:id:jimny1210:20140617084419j:plain

ルンルンと気持ちのよい縦走路を進んで行くと「みそこぶし山」に到着。

f:id:jimny1210:20140617084422j:plain

みそこぶし山からは一旦下って湧蓋越へと向かいます。

f:id:jimny1210:20140617084425j:plain

湧蓋越から湧蓋山の前衛峰「女岳」までの登りはキツかった。
でも全員何とか登り切りました。
後は湧蓋山への最後の登りを頑張るだけです。

f:id:jimny1210:20140617084428j:plain

そして、とうちゃ~く!

f:id:jimny1210:20140617084431j:plain

懐かしい山頂標識にご挨拶

f:id:jimny1210:20140617084433j:plain

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*1990年11月12日・湧蓋山山頂での写真

f:id:jimny1210:20140617221046j:plain

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

九重連山が見渡せます。

f:id:jimny1210:20140617084436j:plain

湧蓋山の広い山頂でお昼を食べていると、なんと昨日坊がつるにキャンプしたはずの
彼女がやってくるではありませんか。。。
思いがけない再会に嬉しくなってしまい、お昼をご一緒しませんか、と誘ってしまいました。話をしてみると、あの人この人、共通の知人がたくさんいました。
ほんとに、気負いもなく淡々と涼しげな人でした。
ファッションから山に入る山ガールさんが多い中、こんな女性もいるんだなと嬉しく思いました。

またどこかの山で会いたいですね、と声をかけて私たちは先に下山にかかりました。

f:id:jimny1210:20140617084439j:plain

来た道を引き返そうかと考えていましたが、筋湯の方へ向うことにしました。
でも、これは最後の車道歩きが思いのほか長くて余計でした。

f:id:jimny1210:20140617084442j:plain

電波塔が見えます。

f:id:jimny1210:20140617084445j:plain

筋湯、ひぜん湯への標識に従います。

f:id:jimny1210:20140617084448j:plain

そうして筋湯へと降りてきました。
この登山口は24年ぶりでしたが、数年前の水害の影響なのか、
橋が架け替えられていました。
それに昔は登山道が旅館の中を通り抜けていたのが、旅館が建て替えられていて
普通の道になっていました。

f:id:jimny1210:20140617084451j:plain

そんなこんなで、美味しいご馳走もあり、いろいろな出会いもありの二日間の山旅が終わりました。今回の二日間は、さわやかな山の風に包まれたような、そんな感じがする山旅でした。贅沢でもないけれど、豪華でもないけれど、人に自慢するようなことは何もないけれど、でも、私たち4人にとってはこれ以上ない贅沢な二日間でした。

ありがとう メンバーさん。

ありがとう 九重。