2014.05.04 阿蘇根子岳縦走

★登った山:阿蘇根子岳
★山行日:2014.05.03~04
★ルート:ヤカタガウド登山口~見晴らし新道~天狗のコル~天狗峰~西峰(山頂はパス)~日の尾峠~林道~ヤカタガウド登山口
★天候:晴れ後曇り
★メンバー:のっしー、マリ、たか、ゆかり、momi、mimimama、Jimny

 

根子岳縦走は2010年4月以来だ。 熊本県の豪雨災害で根子岳が相当崩れているとの事は聞いていた。去年の2月には、箱石峠から東峰、天狗のコルまで視察に行っていたので谷の状況は稜線から確認済みだ。

その後、見晴らし新道は荒れているものの使えるらしいとの情報もあったので、今回は見晴し新道から尾根に上がることにした。

メンバーは7名。私たちの山の会「山人」のリーダー研修だ。
根子岳のロープワークや安全確保は、岩登りと言うよりも沢登りのそれに近い。
単純に頭上を目指すクライミングではなく、横に移動するトラバースあり、懸垂下降あり、グズグズの足場の悪いところもありと言った感じで、クライミング的には難しいわけではないが、安全確保やロープの使い方などリーダー研修にはもってこいと言える。

久しぶりに訪れた根子岳は、情報どおり荒れていた。
アプローチの見晴らし新道も以前来た時とすると、相当悪くなっていた。
見晴らし新道は死亡事故も起こっているように、以前から一般ルートではなかったが、今回歩いてみて紛れもなくバリエーションルートと言って良いと思った。

今回は、いつもならロープを出さないようなところでもロープを出したり、フィックスしたりしたので、所要時間が大幅に掛かってしまった。
地蔵尾根を下る予定だったが、途中で暗くなりそうだったので、日の尾峠に下り林道を歩いた。林道は土砂に埋まっていると聞いていたので少々心配だったが、土砂の撤去も終わり車も入れる状態だった。おかげで明るいうちに車に戻ることができた。

 (工事中のヤカタガウドを出発)

f:id:jimny1210:20140507161517j:plain

 (イワカガミ)

f:id:jimny1210:20140507161526j:plain

(見晴らし新道も充分な注意が必要です)

f:id:jimny1210:20140507161531j:plain

(ロープがフィックスしてあったが、いつまで持つか・・・)

f:id:jimny1210:20140507161538j:plain

阿蘇・ワシトラが見える)

f:id:jimny1210:20140507161539j:plain

ヒカゲツツジ

f:id:jimny1210:20140507161545j:plain

(天狗のコルからトラバース)

f:id:jimny1210:20140507161554j:plain

f:id:jimny1210:20140507161558j:plain

(天狗峰を越えて懸垂下降地点へ)

f:id:jimny1210:20140507161612j:plain

f:id:jimny1210:20140507161616j:plain

 (懸垂下降)

f:id:jimny1210:20140507161622j:plain

 (ナイフリッジをトラバース)

f:id:jimny1210:20140507161633j:plain

(mimimamaは、かなり久しぶりの根子岳でした)

f:id:jimny1210:20140507161619j:plain

(縦走も終盤地点)

 

f:id:jimny1210:20140507162042j:plain

 (ガスが出てきました)

f:id:jimny1210:20140507161637j:plain

(西峰直下も大きく崩れていました)

f:id:jimny1210:20140507161644j:plain

(日の尾峠に向かう途中に見事なヤマザクラが咲いていました)

f:id:jimny1210:20140507161648j:plain

(日の尾峠に到着)

f:id:jimny1210:20140507161651j:plain

(ヤカタガウドのお地蔵さんのところに戻ってきました)

f:id:jimny1210:20140507161655j:plain

(お疲れ様でした・・・)