2014.01.01(水・元旦)岩屋山

 明けましておめでとうございます。

今年の登り初めは「岩屋山」でした。

昨年末に岩屋山に登ったときに、友人から「岩屋山で初日の出を迎えながら、今年の日本国について語ろうではないか!」とのお誘いを受けて、「ウムウム、それもそうじゃな・・・」と、約束していたのです。

 

初日の出と言うことは当然お神酒付です。

と言うことは車では行けない・・・

で、ネットで調べてみると、元旦の日の出の時間は7:23とか、

JRの始発では間に合わないしバスもない。

タクシーはあるがタクシー代がない。

タダで移動できるのは二本の足だけ・・・・

 

岩屋山からの帰りには自宅まで何度か歩いたことがあるが、行きも歩くしかない。

帰りはJRがあるのですが、待ち時間が2時間だったので結局歩くことに。

と言うわけで、往復17kmを歩いてきました。

 

自宅を出たのは4時50分。まだ真っ暗・・・

f:id:jimny1210:20140101171059j:plain

 

岩屋神社の駐車場や道路には車が並んでいました。

神社の初詣客はそれほど多くなく、ほとんどが登山者のようです。

神社の下から左への巻き道に入り、油木方面からの登山道と合流。

いつもはここをまっすぐ行くのですが、今日は今年の登り初めと言うことで急な階段の道を選択。(オレ、エライ!)

階段の道には登山者の列が出来ていました。

 

登り上がって見ると、この登山者の数です。200人は超えていたようです。

f:id:jimny1210:20140101171107j:plain

 友人たちを見つけて席を確保して・・・・と、Yさんのザックからお正月料理が出るわ出るわ。

まずは上宮の祠にお参りを済ませ、正月の神事に取り掛かります。

ハイ、そうです。お神酒です。。。(ちなみに真面目に神事を執り行っていたのは我々だけでした)

f:id:jimny1210:20140101171112j:plain

空には雲が広がっています。

日の出の時刻になってもお天道様は姿を見せません。

しばらくすると、東の空が少しずつ明るくなってきて・・・・

f:id:jimny1210:20140101171116j:plain

 雲の間から顔を見せてくれました。

f:id:jimny1210:20140101171119j:plain

今年のお天道様はシャイな性格みたいで、すぐにお隠れになりました。

f:id:jimny1210:20140101171122j:plain

しばらくすると、山頂の広場はご覧の通り・・・祭りの後のような静けさとなりました。

後に残されたのは、食い意地と飲み意地だけが取り柄の約3名のみ。

f:id:jimny1210:20140101171125j:plain

貸切になった山頂でのんびり時間を過ごして下山しました。

年の初めなので岩屋神社の本宮にもお参りに寄りました。

f:id:jimny1210:20140101171128j:plain

山から下りて車道に出て、友人たちはそれぞれの方向へ別れていきました。

振り返ると、街の建物の間から岩屋山が私たちを見守ってくれるように、凛と立っていました。 

f:id:jimny1210:20140101171130j:plain